FC2ブログ

いただきますを考える




私が小さい頃、


『好き嫌いしないで食べなさい』



と、よく言われました。


でも小さい頃って、苦い・酸っぱい・生臭い・ところてん・・・のような食べ物は苦手だったと思います。

よくある例だと、ピーマン・にんじん・酢の物・漬物・塩辛系、

グリーンピースやシイタケっていう人もいますね。あと、ところてん。








小さい頃、『苦手だな・・・』と思う食べ物、私も結構あったんですけど、


小学校くらいには、好き嫌いはなくなってました。


親が、好き嫌いしないで食べなさい。といつも言っていたからというのもあるんですがもう一つ。





『残さず食べなさい』


これは、じいちゃん・ばあちゃんにもよく言われたことで、




苦手な食べ物が食卓に!

↓   ↓

でも残さず食べなきゃいけない。

↓   ↓

残さず食べてるうちに、いつの間にか好き嫌いがなくなってた!


みたいな感じです。





そんな風に育ったので、


私は基本、何でも食べます。



そして、どんなにお腹いっぱいでも絶対に残さない。

















釣りをして改めて思ったことがあります。






ついさっきまで元気に泳いでいた魚をいただく。


生き物(野菜等も生き物)の命をいただいて、私たちは生きていられる。













そんなことを奥さんと話しながら、イワナをいただいたんですが、


そんな風に改めて思って食べると一層おいしく感じ、

感謝の気持ちでいっぱいになりました。











ホントおいしすぎて、まんぷくにもちょびっとだけあげたら大喜び(*´∀`*)


もっと食べさせてあげたいけど、贅沢を覚えちゃうとね・・・






『もうもらえないのか・・・』と悟ったまんぷくは、ふて寝を開始。










でもやっぱり食べたいのか・・・













手を伸ばしてきた(笑)












生き物の命をいただく。




おいしくいただくことはもちろんですが、


残さずいただくことが敬意だと。



そんなことを改めて思い、

そんな風に育ててくれた両親・じいちゃん・ばあちゃんに本当に感謝です。







それにしても好き嫌いって贅沢ですよね。


嫌いなものさえ食べられない国もあるのに。




スポンサーサイト



やっちゃいました。からの・・・





ついにこの日が・・・!







先週の土曜日の夜、


帰ってきてまんぷくにごはんをあげ、夕飯を作ろうと鶏肉の下処理をしていた時でした。



急いでいたせいもあって、包丁さばきを誤ってしまい左人差し指に刃先がドン!


(あれ?痛くないな。セーフだったのかな?)

と思いましたが、切れ味が良すぎてあんまり痛くなかったみたいです(笑)

なかなかの出血をしまして、慌てちゃいましたヽ(・∀・)ノ

いやーやっちゃったなー。






そしてなんとこの包丁は、ワラさんから結婚祝いに頂いたモノ。

ホントよく切れる包丁でして、料理が楽しくなります。


お刺身切るときも、身をつぶさずにスッと切れるし、

トマトもつぶれません!


魚をさばく時も、スッと包丁がはいっていくし、


とにかくよく切れます!



そんな○寅工業さんの包丁を、ご家庭に1本と言わず2、3本!いかがでしょう!


ワラさん曰く、

『切れすぎてもクレームがくる』


という藤○工業さんの包丁。ぜひお試し下さい!











※写真は本文と全く関係ありません(*´∀`*)






ふぅ。これでステマはバッチリヽ(・∀・)ノ

かなりの売上増が見込めるかと思いますので、売上のバックの程よろしくお願いいたします。


なんちゃって!









と、そんなことがあった翌日の練習。


何をするにも絆創膏が飛んでいきそうになるのが気になって気になってしょうがなかったです(笑)





でも、それよりも気になって気になってしょうがなかったことがありました。




少し前から新人(若いの)が2人、練習に参加するようになってるみたいなんですが、


2人の練習に対する取り組み方(姿勢)がよろしくない。(私の目から見て)



目的を持って練習してるように見えない。加えてなんかヘラヘラしてる。

ちょっとみんなにいじられるようになって、なんか勘違いしてるんでしょうね。

調子に乗ってる。(ように見える)


自分が打ったシュートが外れても戻らない、ミスをしたらしたまんま。戻らない。
(これが一番腹が立つ。誰かが代わりに戻ってる。)


シュート入らないとかミスするのはしょうがないとしても、

それを取り返そうとする姿勢くらいはみせて欲しいですね。


次こそゴールを決める!とか思うのは、

こういう当たり前のことができるようになってからにしてください。







それと、練習動画の撮影やタイマー・得点。

2人が率先してやってるのも見たことがありません。
(私が練習に参加してない時にやってるのかもだけど)



日曜日も、ゲストにやらせる始末。のんびり休もうとしてる始末。

練習に対する取り組みがなってないから、交代の順番も把握していない始末。

モタモタしてる時間がもったいなさすぎ。

トータルしたらもう1、2本ゲームできるでしょうね。


もうがまんできなくて、これは言わなきゃダメだと思い、あんな言い方をしましたが、


それがイヤだったらもう来て欲しくない。

別にいてもいなくても変わらないし。誰も戦力として期待してないし。



むしろいないほうが良い練習ができるだろうし。(今のままなら)





まー、これからの2人の取り組み次第ですね。









りーだーさんの努力の賜物と、諸先輩方の協力があって今のホーネットがあるわけで。


そんな諸先輩方がひょっこり遊びに来た時に、


『なにこれ?ホーネットってこんなチームになっちゃったの?』


なんて言われるのは、悲しすぎますからね。




最後の晩餐


こればかりは・・・



たくさん悩まれて出した答え。











赤塚駅前に居酒屋さんがあるんです。


私が学生の頃から営業していて、とても料理がおいしいんです。

フグ・スッポンも食べれて、素晴らしいお店なんです。




ですがこの度、3月いっぱいで閉店とのこと。



とても残念ですが、せっかくだからみんなで一杯やろう!


ということで、少人数ではありますが、業者さん方とおいしい料理を堪能してきました。











私、結構食べるほうなんですけど、食べきれないくらいのボリューム!

なので、またお土産として奥さんにも持ち帰りました。






中原ストアも閉店。


河治屋も閉店。


小さい頃、親とよく一緒に行ったスーパーです。







大型スーパーが絶好調ですからね。やっぱり影響を受けたのかな。



新しくて大きくてキレイなスーパーがどんどんできて、確かに便利です。


競争社会・・・


ビジネスなので情けは無用なんでしょうが・・・







新しいショッピングセンターができる度に、


町の小さいスーパー・商店が閉店していく・・・







時代の流れといえばそれまでですが、


でもやっぱり寂しくて、


悔しいな。




あれから1年


10月ももう下旬ですね。


朝晩は寒いな・・・と感じる今日この頃です。











さて。




ミンクが亡くなってから昨日でちょうど1年でした。







1周忌ということで昨日の朝、お寺に行きお経をあげてもらいました。




(ここで最後のお別れをしたんだよな・・・)


と思いながら、


グッとくるものを抑えながら、線香をあげてナムナムしてきました。







帰りの車の中で母が、



『1年あっという間だったなぁ』と。


『その辺からひょっこり出てきそうな感じが今でもする』と。




私もそう思うことがあり、


先日夏服を片付けに実家に行ったんですが、ミンクのお出迎えの雰囲気を感じたり。



父がいつも座る椅子にふと目を向けると、


(ミンク!?)


と思ってよーく見てみると、父の寝巻きのズボンだったり(笑)





気配っていうんですかね。そういうものを感じます。








昨日はいろいろミンクのことを考えたりしていましたが、


そんなに『悲しい』とは感じなくて、『かわいかったな~』と。


感謝の気持ちで心があったかくなる。そんな感じでした。
















昨日は奥さんより帰りが早かったので、つくねを作ろうとキッチンに立ちました。



奮闘している途中に奥さんも帰ってきたのですが・・・






とびきりの笑顔で、『ただいま♪』と。



私 『そんないい笑顔して(笑)なにかあったの?(笑)』




奥さん 『ミンクさんのことで悲しんでるかなと思って♪元気付けたくて♪』



感激しました。本当に素敵な奥さんです








夕飯を食べ、アンフェアを見ていたのですが・・・


私は見たことがなくて、ドキドキの展開にハラハラしていました。


でも奥さんは見たことがあるとのことで、


『このあとね、この人がこの人をこうするんだよ♪』


とか、まさかのネタバレを連発(笑)


(けど、こういうところも好きなんだよな~)と、ほっこり(*´∀`)
















今の幸せがあるのは、ミンクが最後まで見守ってくれたおかげでもあるんだよな。



そんなことを思いながら昨日は寝ました。







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







そして今日、ブログを書こうと思い去年の記事を読み返してみたら・・・




昨日は平気だったのに、涙をこらえきれませんでした。




家族 1


家族 2


家族 3


家族 4


家族 5


家族 6


家族 7








そんなに『悲しい』とは感じない。と口では言ってますが、




本当はちょっとだけ・・・











できることなら、なでてあげたいな。

















ありきたりな言葉かもしれませんが、



私たちの心の中では生き続けています。



目を閉じればミンクの元気な姿が、


天真爛漫な姿が鮮明に思い浮かびます。










ミンク、亡くなってからもいつも見守ってくれててありがとう。




たまには・・・

まじめっぽい話でも書こうと思います。


といってもそんなにまじめっぽくもないので、

『ふーん』


『そういう考え方の人もいるんだな!』


『OTKは小さい男だな(・∀・)ワロス』

くらいの感じで読んでもらえればと思います。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






誰にでも、お気に入りのモノってあると思うんです。


仕事で使うカバンだったりボールペンだったり電卓だったり、

スーツ・ワイシャツ・ネクタイ・靴・・・


美容師さんならハサミやホルダー、料理人なら包丁・・・



野球選手ならバットやグローブ、サッカー選手ならスパイクやボール・・・



いろんなお気に入りのモノ・・・大事なモノを持っていると思うんです。









そしてそれには、その人の思い入れが詰まっていると思います。



『ちょっとお高い靴だけど、これを履いて仕事をがんばるんだ!』とか


『奥さんが結婚記念日に買ってくれたネクタイ』とか


『気分一新でグローブとバットを新調!今シーズンも挑戦者の気持ちで!』とか。





もちろん使用感やスペック面での満足もあると思いますが、


その時の決意や、感謝の気持ち・・・



そういった『想い』が詰まっていると思います。




そんな特別な『想い』が詰まっているからこそ・・・


大事にするし、ずっと長く使っていたい。って思いますよね。





大リーグのイチロー選手が、

道具(グローブやバット・スパイク等)を大切に扱うことは有名な話ですが、


イチロー選手の場合は、道具への思い入れはもちろんですが、

野球への強い思い入れを感じますよね。


このグローブは特別性だったから・・・とか、

バットはこだわり抜いたオーダーメイドだから・・・とか



そうじゃなくて、



野球をするにあたっての心構えというか、野球への姿勢というか。




当たり前のことかもしれませんが、

野球のボールを蹴ったりは絶対しない。


バットは手で扱うモノ。足で扱ったりなんてしない。


けど、結構野球のボールを蹴ったり、バットを足で扱う人・・・


いるんですよね。





そういう人と見比べるとイチロー選手は、

野球という仕事への取り組み方。姿勢。


プロ意識、野球への強い思い入れを感じるわけです。








そして私にも、お気に入りの・・・大事なモノがあります。


いくつかありますが、今回はそのうちのひとつ・・・




去年買ったバスケットボール。これです。


ボール1




このボールを買う少し前に、飼っていたネコ・・・ミンクが死んでしまいました。


なので、ミンク(39)今までありがとう(39)

という意味を込めて、ボールに39番を入れました。


ボール2



そんな『想い』が詰まっているボールなんです。










新しいボール・・・ちょっと良いボールをみんなにも使ってもらいたい。


みんなの上達に役立つなら全然使ってもらって構わない。


そう思っていました。





けど、そんな想いとは裏腹に、




ボールに座られる。

足で扱われる・蹴られる。

ゲーム終了時、シュート打ちっぱなし・投げっぱなし。転がりっぱなし。等々。


雑な扱いを受けるボール。




半年位なにも言わなかったですが、すっごい嫌で悲しかったです。



なので最近は、全体練習にボールを入れないようにしてました。



なのに、気付いたら勝手にボールを使われていたり・・・


そして転がりっぱなしとか。





使うな!とは言ってません。


使うなら一言声をかけろと。

で、使うならきちんと扱えと。



というか、私の大切なボールだから・・・と言う前に、


そもそもバスケットボールプレイヤーが、

バスケットボールを足で扱ったり蹴ったりするのってどうなのか?

違和感ないのかな?


バスケへの取り組み方・姿勢はそんなものなのかと。



そんなことをずっと思っていました。









私のボールだけでなく誰のモノでもどんなボールでも・・・


ボールだけではなく、体育館・リング・備品・・・等々も・・・




大切に扱って欲しいな。




そんな風に思っています。




プロフィール

OTK☆

Author:OTK☆

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
fc2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる